ミツバチのこと

2024年養蜂開始。。

昨年、日本ミツバチを捕らえて飼育しようとしていたところ、西洋ミツバチを捕らえてしまいました。当初、ほおっておこうかと思ったのですが、せっかくなので巣箱に移して飼育することに。。。
今春は、専門家から西洋ミツバチの「種蜂」(たねばち)を購入し、はちみつの販売を目指して養蜂を継続しています。長野県の中央、聖高原近く(野生の花が多く、一番人気のアカシア群落もあります。)に設置、初の採蜜に期待を高めています。

アカシア(ニセアカシア)

日本産として販売されているアカシア蜜は、ほぼニセアカシアの花です。(蜂場近くの群落の様子、2024年5月下旬撮影)

近づくと甘い香りに包まれます。

巣箱の様子

川沿いの空き地をお借りし、巣箱を設置しました。蜂にも個性があり、左から2番目の巣箱の蜂は蜜をあまり集めず、巣を増やすのも遅く、さらに非常に攻撃的で大変です。上の巣箱に採集用の蜂蜜を貯めてもらえるようにしていて、一つの群から30㎏~50㎏も蜂蜜を採ることができるようです。

今日もせっせと働いています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP